FC2ブログ

プロフィール

石川歯科医院

川口市の石川歯科医院です。
歯科情報や川口市の情報を発信しております。
ぜひ参考にしてくださいね。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/--(--) --:-- |
 現在インフルエンザが急に流行りだしました。
 ところでお口の中の汚れがインフルエンザを悪化させる原因の一つであることをご存知でしょうか。
 以前から、インフルエンザにかかると全身の抵抗力が落ちるため、お口の中のばい菌により歯茎が腫れてしまったり、肺炎の菌で肺炎になってしまったり、雑菌の感染が悪化することは知られていました。だから、タミフルなどのような直接インフルエンザウィルスに効く薬が無かった時代は、インフルエンザでも内科で抗生物質などの薬を出していたわけです。
 ところが最近になって、お口の中のばい菌が出す酵素がインフルエンザウィルスの感染拡大の手伝いをしていることが分かってきました。さらには、その酵素がウィルスに対する薬の効果も弱めてしまうそうです。つまり、お口の中が汚れていて多くのばい菌がいると、インフルエンザそのものの感染を強くし、より治りにくくしてしまう危険があるということです。
 
 お口の中の汚れ(歯垢、プラーク)はばい菌の塊です。こんなものを飼っていると虫歯や歯槽膿漏になってしまうだけでなく、インフルエンザまでも悪化させてしまうというお話です。
 この季節は、手洗いやうがいも大切ですが、歯磨きも一生懸命してインフルエンザにかからないようにしましょう。
 また、歯科医院で歯の周りをきれいにしてもらうPMTCも有効です。
 さらに、ご高齢の方や、寝たきりなどで十分なお口の清掃ができない状態で、外出が難しいような場合は、訪問して清掃を行ったり、ご指導もしますので、お気軽にご相談ください。
スポンサーサイト

2019/01/10(木) 13:33 |
 年内の診療は12月28日16:30の受付が最後になります。新年は1月5日が午前のみ、1月7日からは通常通り診療します。
fuyu.jpg
 新年もよろしくお願いします。

2018/12/09(日) 08:59 |
年齢が高くなり、成人病の薬などを服用するようになると、唾液の量が少なくなることがあります
唾液の量が少なくなると、虫歯や歯周病になりやすくなるのはもちろん、入れ歯が当たって痛くなるなどのお口の中のさまざまなトラブルが起こりやすくなります。
唾液の量の正常の目安は、刺激唾液(噛んだりする刺激を受けて出る量)で3分当たり5㏄です。
簡単に検査できるので、気になる方は歯科医院で相談してください。

もし、わずかに少ないくらいの状態なら、唾液腺マッサージがとても有効です。
唾液を出す主なところは、3カ所で、それぞれのマッサージの仕方は、下記のようになります。
耳下腺 指4本を頬にあて、上の奥歯付近を後ろから回すように前に押す 10回
顎下腺 4本の指先をあごの下の柔らかいところにあて後ろから回すように前に押す 5回
舌下腺 両手の親指をそろえて、あごの先端の内側をゆっくりと押し上げる 10回
実際にやりながらご指導いたしますので、お気軽にご相談ください。

2018/10/14(日) 11:46 |
信じられない暑さが続いていますが、熱中症にはくれぐれもご注意ください。
natuyasumi.jpg
当院は8月10日から8月15日まで夏休みをいただきます。
よろしくお願いします。

2018/08/02(木) 18:53 |
薬物との併用療法と言っても、それほど難しいことをするわけではありません。
ご説明する前に少し歯周病事態を理解していただく必要があります。
下図のように、歯周病になってしまうと歯の周りに歯周ポケットという歯茎の緩みができてしまいます。

そのポケットの中に多くの歯周病原因菌が棲みついてそれが出す毒素がさらに歯周病を悪化させます。
このばい菌たちは、バイオフィルムと呼ばれる強い膜に守られながら生きているので、残念ながら、歯ブラシで取り除くことは非常に困難です。
そこで歯科医院では、そのポケットの中の悪いばい菌と一緒に、歯石やバイオフィルムを機械的に取り除くことによって治療します。
通常は、その治療は数本の歯ごとに行います。それは、治療時間的に難しいということもありますが、もっと大きい理由として、いっぺんに何本もその治療を行うと歯茎の中の細かい血管から、浮き出したばい菌が体の中に入り込み、敗血症という危険な状態になってしまうことがあるからです。
しかし、ポケットの中の歯周病原因菌は、一部の歯に残っていると時間がたつと他の歯にうつってしまうので、治療の効果が少し落ちてしまいます。
そこで、歯周病原因菌に対して非常に有効な薬をあらかじめ飲んでいただき、その効果が有効な短い時間の間に全ての歯の周りの悪いものを取り除いてしまおうというのが、この併用療法です。
さらにこの薬は、わずかに残る歯周病原因菌もやっつけてくれるので、治療効果が高くなります。
この薬は、とてもいい薬ですがさほど特殊なものではありません。
ただこの治療は、歯周病の状態や個人差によってすべての人に適用できるわけではありませんし、いきなりすぐにできるわけではありませんので、先に検査や基本治療を行うことが必要です。
また、治療された状態を維持するためには、メインテナンスも重要になります。


2018/07/05(木) 15:26 |
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。